3つ子を養子に迎えた後、夫婦が医師から聞いた驚愕の知らせ

医療支援

サラとアンディは、どうしようもなかったので、医療の助けを求めた。一つ問題があるとすれば、タルサ付近に産婦人科/不妊治療の医師がいなかったこと。だからミズーリ州セントルイスに引っ越した。便利な場所ではなかったが、二人は犠牲をいとわなかった。

セントルイス
2014年、二人はタルサからセントルイスまで車で6時間、医療支援を求めて向かった。目的地に到着すると、サラは最初に不妊治療を受けた。

体外受精
二人にとって良くないニュースが入ってくる。最初の治療が失敗。二人は傷心した。家族を持とうと決めたからには、諦めるわけにはいかない。二人は挑戦し続け、医者に体外受精で成功できるか尋ねてみた。婦人科医は、二人に体外受精を勧めるも、妊娠する望みは10%だと言う。このわずかなチャンスに加え、サラには辛い治療が待ち受けていた。不妊治療のプロセスでは、受精卵が挿入される前に、何か月もホルモン治療を行い、巣を作ってくれることを祈るのみ。サラの体外受精は陽性とならず、さらに悪いことが。すぐに次を読んで!

ADVERTISEMENT