3つ子を養子に迎えた後、夫婦が医師から聞いた驚愕の知らせ

サラとアンディは長年妊娠を希望し努力を続けてきたが、選択肢「C」を行う決心をし、医者の元を訪ねた。妊娠はあきらめ、養子を迎え子どもを育てることに決めた。養子縁組手続きは非常に面倒だが、子どもを養子に迎えることは、長年の夢の実現だ。しかし生みの母親に養親として選ばれた時に、思いがけない事が起こる。

共に幸せに
サラ・ジャスティスとアンディ・ジャスティスは、オクラホマ州タルサ(米国)出身で、3年間の結婚生活に何か物足りなさを感じていた。二人の希望は子どもをもち、家族を増やすこと。幸せな夫婦なら愛情を共有し大きくしたいと願うのが当然だ。しかし残念なことに、夫婦にはそれが難しいということが、後になってわかった。

実践、実践、実践
残念なことに、サラ・ジャスティスは妊娠しにくい体質だった。夫婦は3年間妊娠に挑戦したが、一度も成功しなかった。これでは二人の結婚に負担をかけるので、医療の力を借りることにした。

次のページで、この驚きの話の続きを読んでみましょう。