ご注意下さい!この9つの兆候がアルツハイマー病の兆し

2. 適切な言葉が出てこない
これもアルツハイマー病初期に見られる兆候で、記憶力が低下します。普段使わない言葉が出にくくなり、病気が進行するにつれ、ますます言葉が出てきません。りんご、チーズといった簡単な言葉でさえ出てこなくなります。一方、高齢者(認知症なし)でも言葉の出にくさはよく見受けられますが、最終的に適切な言葉を見つけます。もし本当に言葉を失っている人がいれば、アルツハイマー病の症状かもしれません。


3. 日々の活動にも困難をきたす
アルツハイマー病の初期の人にとっては、一日に薬を何回飲むとか、買い物リストを書くとか、日常生活におけるタスクの実行が難しくなります。アルツハイマー病でない高齢者が、買い物のような日常生活で助けを必要とすることはよくありますが、薬を飲み忘れるようなことはなく、ガスコンロの消し忘れもないので自分で料理ができます。

4. お金の管理が困難
初期のアルツハイマー病の人は、経費、税金、その他支払いの確認や支払いをよく忘れます。

5. 迷子

初期のアルツハイマー病の人は、家族の家までどの道を歩いて、自転車に乗り、運転していくのか覚えていない。帰り道も覚えていないので、結局迷子になります。一方、長い間訪れなかったり、わかりにくい場所で迷子になるのは、誰にでも起こることです。若い人でもあるでしょう。

ADVERTISEMENT