次の9つの症状はアルツハイマー病の初期段階を示しています

アルツハイマー病患者を見つけるのは難しいものです。病気の初期段階ではよくあることです。初期症状や兆候が見落とされるのは、「年を取ると誰にでも起こる」と思われるからです。認知症は高齢者全員を脅かすというわけでは、決してありません。80歳から90歳の方でも、まだしっかり「認識」している方もいますが、全員がそういうわけではなく、60 歳までに初期の兆候に苦しむ方も。どのような症状や兆候に、注意したらいいのでしょうか?

1. 思い出せない

記憶喪失はアルツハイマー病初期症状の一つとして有名です。初期段階では先週やった事、重要な日付や出来事、最近会った人々のことを忘れます。病気が進行するにつれ、物事を思い出すのがますます難しくなります。年をとると「忘れる」ことが増えますが、後になって思い出すものです。これがアルツハイマー病と高齢の違い。アルツハイマー病は永久に情報を失いますが、高齢は少し時間が経てば思い出すのです。

クリックして次のページへ進みましょう。